奴隷解放宣言

プロフィール

初めて正社員になった会社で
パワハラ・リストラを経験。
以降、会社組織への不信感を強める。


副業で始めたネットビジネスで独立。


エクセルも使えなかったが
サラリーマン時代の数倍の収入を得られるように。


どこでも仕事ができる環境を活かし、現在はマレーシア在住。

カテゴリ一覧

サイト内検索


アユタヤへ視察に向かう投資家集団

2012年02月19日

マカオから移動して、ジョホールバル以上に暑いバンコクに到着。この気候にほっとした。バンコクはさすがに暑すぎるのだが、それでもマカオの寒さに比べれば快適だ。つくづく熱帯の気候に慣れたらしい。

今回の旅の目的は投資案件の視察。ということで、バンコクからアユタヤまで車で移動今回の視察は投資界のキングの会社のスタッフ、さらにバンコクでビジネス行なっているキングのパートナーも同行してくれ、逐一詳しい情報を聞けた。さらに、バンコク在住の駐在員投資家も駆けつけたため、現地情報がぜいたくにも聞き放題。現地に来ても、なかなか恵まれない環境での視察となった。

アユタヤに新しく立てる不動産物件への投資が今回の内容だが、現場はまだ未開発のエリア。しかし、すぐ近くには大型ショッピングモールがあり、さらにアユタヤの工業団地からも近い。開発が進めば大きな利益を得られそうだ。





向こうに見える建物の多くはタイの国会議員所有らしい。すでに利権を持った人が間違いのないところに参加しているらしい。そのすぐ近くに作る物件も当然・・・



道の向こうには警察署が立つらしいので治安の面でも安心できる。

近くにあるショッピングモールもチェックしたが、巨大スーパーや家電量販店、マッサージ店、おもちゃ屋、日本料理も含めた多くのレストラン等、ここだけでも生活に困らないだけの内容となっている。















今回は日本食レストランに入ったが、満足の内容。これならアユタヤに住んでも大丈夫。






アユタヤは日系の工場が多くあるエリア。バンコクから通勤する駐在員が多いが、バンコクの渋滞が深刻化するに連れ、通勤時間が伸びているという問題を抱えている。距離的には1時間程度だが、渋滞によって倍以上かかることも。そんな中、アユタヤ内に便利な物件ができれば、入居者には困らないだろう。


昨年の洪水の影響についても、現地駐在員投資家からリアルな情報を得られたが、アユタヤについても報道されるほど深刻ではなかったらしい。少なくても、アユタヤから企業が撤退する流れにはならないようだ。

投資物件の視察が終わった後は、せっかくなので世界遺産アユタヤの寺院を見学。さらに象を間近で見てから、バンコクへ戻った。それにしても、ぼうっと立っていたら象に踏まれそうになったのは驚いた(笑)。気がついた時に、すでにすぐ横に象がいたので、思わず飛び退いてしまった。そんなこともあったが、内容の濃い一日だった。











ついにドラえもんは神仏の領域に入ったのだろうか・・・


翌日はバンコク内の病院視察。バンコクはメディカル・ツーリズム、つまり健康診断等の医療を組み入れた旅行にも力を入れている都市。事実、その医療水準は世界最高水準を誇る。せっかくなので、こちらも見てみることに。

実際に訪れて感じたのは、病院っぽさがないこと。これまで、日本の他にもマレーシアや中国の病院に行ったが、どこもいわゆる病院に特有の雰囲気があった。しかし、ここは高級ホテルのような作りになっている。





















日本語の案内も(電子掲示板なので、各国語表示に変わっていく)。

病室等も見せてもらったが、これなら積極的に入院したいぐらいだ。






病室からの景色







空中庭園を散歩できるようになっている

食堂は病院が用意したものだけではなく、スターバックスやマクドナルドをはじめとした様々なチェーンも出店していた。




ここで健康診断を受けても、基本コースだと9000円ほどらしい。日本に戻って健康診断を受けるより安いし、雰囲気もはるかに良い。日本語を話せるスタッフもいるので、今後の健康管理はここに任せることにしよう。

初日の夜は日系の居酒屋(完全に日本国内のトップレベルと張り合えるクオリティ)、2日目はイタリアンレストランにて、キングも交えて投資やビジネスについての熱い語り合いとなった。

マカオでの投資セミナー、バンコクでの投資物件視察と濃厚な時間を過ごすことができた。ジョホールバルに戻ってから、今回視察した物件の最上階の部屋を押さえるのに、迷いはなかった・・・と言えればいいのだが、正直に言うと、やはり迷った(笑)。

それにしても、投資界のキングと同じフロアに物件を持つことができたのは、かなりラッキーだ。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: